このページの本文へメインメニューへサブメニューへ

山形フィルムコミッション[インフォメーション]





インフォメーション


日本・台湾・マレーシア 〜年越しの風景の中で素直になれずにこじれてしまう恋の物語〜 岡本かの子の傑作小説を映画化。

放映予定 [2020年07月03日]

山形を舞台にした、峯田和伸・橋本マナミ共演映画「越年 Lovers」2020年12月公開決定!

 この映画は日本、台湾、マレーシアの年越しの風景の中で不器用な3組の男女が織りなす物語。海外でも人気の岡本かの子の短編集に感銘を受けた台湾の実力派女性映画監督グオ・チェンディ(郭珍弟)が脚本・監督を務め、ノスタルジーと旅情を誘う映像美で紡いだ。

監督が山形の雪と桜にインスパイアされ撮影が決まった山形県パートでは、久しぶりに帰郷する主人公・寛一を同県山辺町出身の峯田が演じる。寛一の幼なじみで初恋相手の碧を演じるのは山形市出身の橋本。美しい山形の雪景色の中で数十年ぶりに再会する寛一と碧の物語のほか、本作では台湾とマレーシアも舞台となり、それぞれの街で素直になれない恋心たちが描かれる。

 グオ監督は、同じ越年の風景でも北国・山形のマイナス20度の雪景色と30度を越すクアラルンプールとのコントラストが映し出された本作について、「それは、時に冷め、時に熱を帯びる愛情のプロセスのようでもあった」と語る。

 峯田は「撮影が行われたのは僕が生まれ育った山形の街でした。まるで北欧映画のワンシーンのようでした。かつて僕が生きていて、そして今は僕だけがいないような山形の静けさの中で、橋本マナミさんと目と目を合わせました。」と撮影を振り返る。

 橋本は「こんなに真っ直ぐで透き通るような純愛の物語を演じるのは初めての事でドキドキしていました。同郷の峯田さんのおかげでリラックスして演じることができました」と話す。

 7/3に情報解禁となった場面写真は、ギターを片手に優しく碧を見つめる寛一と原作の「老妓抄」を手にする碧の2ショットなど。

 映画『越年 Lovers』は12月全国公開予定。
山形人なら知っているロケ地の数々と山形出身である主演の2人、そして地元の方々が多数協力して作り上げた映像。楽しみですね!

【掲載記事】

「クランクイン!」
https://www.crank-in.net/news/78246/1

「ニコニコニュース」
https://news.nicovideo.jp/watch/nw7565515?news_ref=top_50

「SCREEN ONLINE」
https://screenonline.jp/_ct/17373997

などなど。